• ペットOK
  • 素敵な眺望
  • モダン
  • 屋上有
  • 自然豊か
  • 水辺近し
  • 天井high
  • レトロ味
  • リノベーションOK
  • わけあり
  • オマケつき
ケータイ登録

不動産物件査定

会員ログイン

:
:

 

中古住宅と中古マンション

2011-05-20

最近人気の中古物件ですが、大きな選択肢として挙げられるのが「中古一戸建て」と「中古マンション」。

好みもありますが、当然双方にメリット、デメリットが存在します。どちらがよいというものではありませんのが、

各項目別に一部あげて見ましたのでご参考にしてみてください。

(ほぼ同じ建物のの広さ、価格の場合です)

 

① 立地について

同価格ならマンションの方が有利です。若年時もそうですが、歳を重ね車での遠出をしなくなると、近所で用事が済んでしまうというのは大きな魅力です。又、市街地では、話題のお店や飲食店が軒を連ねますので、こもることなく外出を促される環境にあるかもしれません。

 

② 出費について

購入後の費用については、一戸建ての方が有利かとおもいます。ご存知の通り、マンションの場合は駐車場が別途となる場合が多く、立地がよいほど駐車料金は高くなります。又、管理費及び修繕積み立て費がかかってきます。然しながら、一戸建ての場合も10~15年に1度程、屋根や外壁の塗り替え工事が必要となります。そう考えるとそのための積み立てと思えば高くはありません。又、管理費については、草取り、除雪、外灯などの手入れ、防犯等のセキュリティを考慮すると便利やサービスを購入している事と変わりはありません。

 

③ リフォーム等

リフォームに関してはやや一戸建てが有利かもしれません。まず一戸建てですが、どのような建物でも増改築は可能です。しかし、工事できる会社は限られる事があります。在来工法であれば問題ありませんが、2×4、鉄骨、鉄筋造はどの会社でも施工できるものでは有りませんので、購入前にご確認が必要です。

又、マンションに関しては、基本的に箱の中でしか工事をすることが出来ません。要するに増築が基本的には出来ないという事です。間取り等の変更工事には、多くの場合対応できますが、水周り等は配管の関係で大幅な変更が厳しい場合もあります。

 

このほかにも、比べてみれば・・・・というところは多々有りますが、今後のライフスタイルに合わせてご検討してみる事をオススメします。