• ペットOK
  • 素敵な眺望
  • モダン
  • 屋上有
  • 自然豊か
  • 水辺近し
  • 天井high
  • レトロ味
  • リノベーションOK
  • わけあり
  • オマケつき
ケータイ登録

不動産物件査定

会員ログイン

:
:

 

マンション豆知識~RCとSRCの違い~

2011-05-22

不動産の中古マンションで、構造についての説明書きに「RC」「SRC」と書かれたものがあります。

この違いは何なのでしょうか?

 

まず「RC」とは一般的に鉄筋コンクリート造のことを指します。

棒のような細い鉄筋を何本も使いコンクリートで固める構造で、イメージとして住宅等の基礎部分はこれで作るのが一般的です。

このような鉄筋が組まれています

 

そして「SRC」は鉄骨鉄筋コンクリート造です。

RCと併せて大きな鉄骨材を使い構造を組み立てます。

よく断面がHの形をした鉄骨を街中のビル建築でみた事が在るかと思いますが、この材料を組み合わせて強度を持たせます。

 

SRCは主に高層の建物に採用されます。ちなみにSRCの世界最古は大阪城だそうです。

SRCはRCに比べて壁や梁などが薄くても同じ強度が保てるため、有効空間が広く取れるというメリットはあります。

しかしその分コストが高くなり販売価格も上がるというデメリットもあります。

 

又、RCが決して弱いという事ではありません。

その場所や建築物の特性により使い分けられていたというのが現状です。